興信所・探偵事務所へ浮気調査を依頼した後の行動について

依頼人の行動が調査に影響を与える

それでは、興信所または探偵事務所へ浮気調査の依頼を出したとします。
依頼人は探偵からの調査結果を待つことになるのですが、ここで依頼人は2つのパターンで行動します。

 

調査が終わるまで波風を立てないように生活する。

 

探偵の調査が上手くいくように手助けする。

 

この2つのパターンです。行動的な人だったら、「探偵に依頼したけど、もっと情報を渡せば調査が早く終わるかも」と思って調査が開始した後も、浮気調査の対象者から情報を引き出そうとする依頼人もいます。

 

依頼人にとっては調査が早く終わる、また探偵にとっても調査が成功する確率が高くなるのだから大丈夫。と思うかもしれませんが、この行動は大変危険なのです。

 

実際に浮気調査をしている探偵からの注意喚起として、浮気調査が始まったら調査対象を刺激するような行動は取らないようにしてください。といったことも言う業者もいます。

 

これは、調査中に依頼人が調査をすることで、対象者に気付かれてしまい、業者が行う調査も警戒してしまうことを防ぐためです。

 

自分で出来る浮気調査でも少し話しをしましたが、自分1人で出来る調査の範囲とは限られたものです。もっと突っ込んだ情報が欲しいと焦ってしまって、1人で調査中に対象者に気付かれてしまうと、その後にプロの調査業者へ依頼をしたとしても、相手が警戒心が強くなっており、調査に失敗してしまうケースもあるのです。

 

もっとも推奨したい行動として依頼人は、日常の生活を送ること、気になる点があったら絶対に気付かれない方法で探偵に連絡を取って調査のスケジュールを調節してもらうといいでしょう。